ミャンマーで人気なプログラミング言語とは? オフショア開発先のミャンマー人エンジニアにインタビュー!

オフショア開発をはじめ、さまざまなサービスを展開をしている、Tech Fun株式会社の子会社Tech Fun Myanmar Co., Ltd.のスタッフ協力のもと、ミャンマー人エンジニアに、2020年ミャンマーで人気なプログラミング言語は何か理由を含めインタビューしました。

この記事では、ミャンマーオフショア開発やミャンマーへビジネス進出を検討している方に向けて、ミャンマー人エンジニアに人気のあるプログラミング言語をランキング形式で紹介します。

ミャンマーは日本のIT企業からオフショア開発先の国として印象が強いので、日本で人気なプログラミング言語がそのままミャンマーでも人気になっていく、ということが予想できますが、果たして結果は!

Tech Fun Myanmarのプロフィール


Tech Fun Myanmar Co., Ltd.は、2013年11月に母体企業であるTech Fun株式会社がゼロベースから立ち上げ、2020年度で7年目を迎えます。

現在では約30人のSE、プログラマーの精鋭を擁しています。


ミャンマーで人気なプログラミング言語ランキング TOP5

第5位 PHP

<理由>

・PHPは他のプログラミング言語より学ぶことが簡単だと思うから、未経験に好まれやすく人気だと思う。

・中小規模のWebアプリ用としてPHPは処理速度が速いから人気です!

・eコマースWebサイトやその他のWeb製品の開発言語として使われているので、PHPは人気だと思います。

・PHPは開発期間が短いし、ページの読み込みにかかる時間も短いから人気です。

・開発期間が非常に短く、工数を削減できるため、ほとんどのミャンマーローカル企業では、PHPが採用されています。

第4位 Python

<理由>

・今、トレンドのIoTプロジェクトでPythonが使われているから。

・私の意見は、IoT技術等で近年Pythonの需要が高まり、他の言語よりも人気がでてきたからです。

・Web開発、データ分析、AI、機械学習、NLPなどの多くの分野でPython言語を使用しているからです。

・Pythonはミャンマーで最近人気!

・高い信頼性とシンプルな構文だと知られているPythonは、最も人気のあるプログラミング言語の1つであると思いますし、最も急速に成長している言語の1つだからです。

第3位 モバイルアプリ開発言語(Android、Swift、Dart)

<理由>

・ミャンマーでは、Androidアプリの需要が高いから人気です!

・ミャンマーでは、ほとんどの人が、Androidの携帯を利用しているから、Androidが人気だね。モバイルアプリ開発は、営利目的のためならとても優れているね。

・モバイルアプリ開発はトレンドだからね。

・ほとんどの開発者は、より多くの収入を得るためにモバイルアプリの開発に興味があります。なので、モバイルアプリを開発するプログラミング言語は、他の言語よりも人気があると思います。

・Flutterは今、クロスプラットフォーム開発手法の中で人気だからね。

・Flutterは、クロスプラットフォームだからね!「家族よりもPCよりもモバイルだね!

第2位 JavaScript

<理由>

・JavaScriptは、フロントエンドと、バックエンド両方開発できるから人気です。

・JavaScripは、主要なオンラインゲームやLive Webサイト、AndroidとPC用のウィジェット、アプリケーションの構築に役立つからです。

・JavaScripはたくさんのJSフレームワークがリリースされているので、世界はもちろん、ミャンマーでも日に日に人気になっていると思います。例えば、「Node JS, React JS, Vue JS and Angular JS」です!

・JavaScripは、バックエンド(Node JS)とフロントエンド(React JS, Vue JS など)を開発する際に重要で、便利たど思います。

・ほとんどのミャンマーローカル企業は、開発期間が非常に短く、工数を削減できるJavascriptを使用しています。

・ミャンマー企業は、JavaScripを小規模Webサイトのアプリケーション開発に使用することを好み、近頃の検索サイトのサポートに役立てています。

・高度なWebアプリケーションを開発できるため人気です。

・JavaScriptは開発期間が非常に短いから。

・とてもきれいなメンテナンス方法で、シングルページアプリケーションの構築が可能だし、ソースコードが非常に短いから。

第1位 Java

<理由>

・Java言語は大きなプロジェクトで開発する際に最適だし、オブジェクト指向だからね。

・バックエンドAPI用のJavaは、サーバーコストの軽減や軽量、安全で安定した豊富なリソースが使えるからね。

・ミャンマーで人気があるプログラミング言語は、Javaですね。OSに依存しないで開発できる点が良いと思います。

・多くの日本企業はJava言語を使用しているため、ミャンマーのほとんどの学生は、Javaのプログラミング言語に非常に興味を持っています。

理由は、ミャンマーの学生は、日本の会社で働きたいと思っていて、Javaを勉強すれば日本で働くチャンスをつかめるからです。

・Javaは使いやすく柔軟であるため、Webアプリ開発者やプログラムマネジメントのエキスパートにとっては頼りになるプログラミング言語です。Javaの柔軟性によりこの場合、コーディングシステムで開発されたアプリケーションは、最初に開発されたOSに関係なく、どのオペレーティングシステムでも一貫して実行できます。数値コンピューティング、モバイルコンピューティング、またはデスクトップコンピューティングを支援する言語が必要かどうかに関係なく、Javaで対応できます。

まとめ

世界的にも根強い人気を誇るJavaですが、ミャンマー人エンジニアの間では、汎用性があり、OS依存しない、さらに、日本で働くことを意識した、ミャンマーの学生に需要があるというところから、1位になりました。その他にも、モバイル開発用プログラミング言語が3位に入ったことが、ミャンマー人の間でスマートフォン需要が急速に高くなった国柄を象徴するのではないでしょうか。

GitHubがまとめたプログラミング言語人気ランキング

ミャンマーのIT技術は数年遅れていると言われていますが、世界から見たらどうなのでしょうか?最後に、GitHubがまとめた2019年、年次レポート「Octoverse」から人気の高いプログラミング言語ランキングTOP10を紹介します。

第10位 Ruby

第9位 C

第8位 Shell

第7位 TypeScript

第6位 C++

第5位 C#

第4位 PHP

第3位 Java

第2位 Python

第1位 JavaScript

参考:The State of the OCTOVERSE(https://octoverse.github.com/

注目は「Python」です。機械学習や計算処理などのライブラリーやフレームワークが豊富に用意されている他、IoTシステムを支える技術として「Python」は欠かせないプログラミング言語となり、結果、昨年から順位を1つ上げ2位にランクイン。

日本では、目指すべき未来社会の姿として「Society 5.0」が掲げられたので、さらに人気を後押ししそうですね。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です