techFunのオフショア開発



ミャンマー・オフショア開発を新・ラボ型で。Java PHP スマホアプリに対応!

ミャンマー・オフショア開発の特長

Tech Fun MyanmarではiPhoneアプリ、Androidアプリ、Java・PHPなどのWebシステムの開発を得意としており、高い生産性と品質を実現したラボ型の開発で多くのお客様にご満足いただいています。

なぜミャンマー?
 

2015年のASEAN統合を控え、ますます注目が集まるインドシナ半島の新興国。その中でも広い国土と人口の多いミャンマーは経済発展目覚ましい国です。

優秀で豊富な労働力
人口が約5,000万人のミャンマーの中で国内のIT産業はまだまだ未成熟であり、外資が中心となってミャンマー国内のIT産業を支えています。必然的に給与水準は他の産業に比べて高めなので、ミャンマー国内でもITエンジニア職、外資とりわけ日系企業で働くことは、ステータスとなっています。従って、優秀な人材を多く集めやすい環境があります。
コストメリット
上記の通り優秀な人材を有していながら、中国、インドなどの既存オフショア先と比較しても圧倒的に安いコスト(約1/2)で様々な開発を請け負うことが可能です。
真面目で勤勉、親日派
ミャンマー人の大半が敬虔な仏教徒であり、宗教上からも、目上や上司を敬うように教育されてきております。また真面目にコツコツと努力出来る人たちでもあります。更に、歴史的背景から親日の方が多い国なので、とても気持ちよく一緒に仕事ができます。
インフラの目覚ましい整備
電力・水道の供給やインターネットの回線速度も、ここ近年で著しく改善されていくことが予想されています。
コミュニケーション
ミャンマーのITエンジニアの大半は大学などで高度な教育を受けてきているため、日常会話程度の英語は話せます。日本人が英語をある程度話せれば、十分にコミュニケーションをとることが可能です。また、時差も2.5hと少ないため、業務遂行への影響は殆どありません。